イラストや漫画の専門学校でコミックイラスト科というのを見かけるけど?どういう科なの?

イラストを描くのが好きで、学生時代は授業中にノートに絵を描き散らしていたと言う人、少なくないです。

そして将来はイラストレイターに、と夢をふくらませるものです。

そんな場合に高校卒業後に、イラストの専門学校を進学先に選ぶ人もいるはずです。

でもちょっと気になる学科があります。

コミックイラスト学科です。

高校卒業後にイラストの専門学校へ

できれば将来はイラストレイターにと思っても、ほとんどの人の場合そこまでは独学程度しか絵の経験が積めません。

せいぜい小中高での美術の時間に描く程度、後は自分で描いていく程度しか出来ないものです。

美大への入学準備となれば、もちろんそれなりの教室や絵の塾に通うことになりますが、美大受験でない限りこれも難しいですね。

しっかりと画を学んで基礎を身に着けて、と思ったら専門学校への進学がおすすめなのです。

もちろん独学だけでもイラストレイターへの道がひらけていないわけではありません。

ただ1人で黙々と、デッサンなど特に人物デッサンをする機会も殆ど無い場合、基礎を学ぶのが難しいということです。

結果、イラストの専門学校への進学となりますが、近頃各専門学校も色々と学科に特色を出しています。

イラスト科となっていれば、確かにイラストを学ぶためのコースです。

漫画科となっていれば、これは漫画家目指す人のためのコースですね。

でもコミックイラスト科というのは、これはどういう学科なのでしょう。

コミックイラストつまりは

コミックは漫画、イラストは要は一枚絵です。

もちろん漫画家もイラストは描きますが、ちょっと不思議な学科名ですね。

漫画家もイラストは描く

ストーリーを考え、構成も考えて、その後それを演出しつつキャラクターを動かして漫画にする、これが漫画家の仕事です。

もちろん絵がうまく個性がなければ、漫画家としてのデビューは出来ません。

キャラクターに魅力がなければ、アピールできません。

ある意味、総合プロデューサーであり役者全てであり、演出家でもあるのです。

なかなかすごい仕事ですね。

この漫画家もやはり、イラストの依頼を受けて描くことは、よくあります。

特にその人のマンガのイラストというのは、扉絵もそのうちの1つになります。

漫画家とイラストは、切っても切れない縁があるのですね。

イラストレイターは漫画を描くのか

ではイラストレイターはどうなのでしょう。

イラストレイターの場合、漫画も書くけどという人もいますが、殆どは絵本の挿絵や雑誌の扉絵など、1枚の絵を描くことが多いのです。

また絵本作家である人もいます。

デザイナーでもあるという人もいます。

なので特に、漫画と切っても切れない縁がある、と言うところまでは行かないのです。

ではコミックイラスト科とは何なのか

となると、イラスト専門学校にあるコミックイラストかというのが何なのか、これは気になりますね。

漫画家になろうとしている人が入学しても良いような気もしますが、イラストレイターになろうとしている人の場合、どんなメリットが有るのでしょうか。

イラストは単なる絵ではない

有名な画家の絵もそうですが、絵というのもは単に映像を筆で写し取っただけのものではありません。

そこにはなにかのドラマや、訴えかけたいことがあるのです。

イラストと言うのも同じことで、単にきれいなお飾りではないということです。

1枚の絵の中に、ドラマが封じ込まれていることだってあるのです。

漫画家の場合このドラマというのは、日常茶飯事に接触のあるものです。

しかしイラストを学ぶ場合、このドラマ性を忘れてテクニック追求になることが往々にしてあるのです。

コミックイラスト科の1つの目的は、この1枚の絵にドラマを感じさせるような、その世界観さえ感じさせるような指導です。

絵を描くだけでなく、ドラマを1枚の絵に封じ込める、そんな授業をしてくれる学科なのです。

絵本作家を目指す人は特に

単なるイラストだけでなく、絵本などのストーリー性のあるイラストを書いていきたいと思った人にも、コミックイラスト科はおすすめです。

漫画家目指すわけではないので、コマ割りとかの作業はそれほど必要ないけど、でもストーリーの作り方やドラマ展開のセンスなど磨きたいと言う人ですね。

こうした人の場合、絵だけ上手くなっても仕方ありません。

自分の描きたい世界とそのストーリーの両立を、学んでいかなくてはいけないのですね。

絵をメインのイラスト科でもなく、漫画メインの漫画科でもないコミックイラスト科なら、その点もしっかりと学べます。

漫画の技術も学べるので

漫画家に必要な技術も、コミックイラスト科では学ぶことが出来ます。

卒業後の進路をまだ固められない、イラストレイターになるのか漫画家になるのか悩んでいる人の場合、この学科はおすすめです。

漫画専門ではないので、その点はいささか物足りないかもしれませんが、どちらが向いているかを考える時間と機会にもなりますね。

まとめ

漫画家とイラストレイター、似ているようでちょっと違った仕事です。

ただイラストレイターの場合どうしても、絵の技術だけに集中してしまうことが多いのです。

その点に疑問を持ったら、イラストの専門学校のコミックイラスト科を選んでみるのはどうでしょうか。

単に絵のテクニックだけでない、ドラマの表現も含めた授業が受けられますよ。