夜逃げでは借金の問題は解決しません。しっかりと債務整理をしてスッキリさせましょう

債務整理は弁護士に代行してもらうことでスムーズに解決する事が可能です


借金の督促に怯えてはいませんか??
借金返済に関する問題は債務整理を行う事で解決できます!

夜逃げより債務整理

夜逃げはリスクが大きすぎる

借金の返済に苦しんでいる人は、かつては夜逃げと言うことを考える人もいました。しかし夜逃げをしてしまうと、逆にその後の生活が苦しくなります。というのも、債権者に知られないために、国民保険や住民登録等をすることができないからです。

このように夜逃げには多くのデメリットがありますが、今はそんなことしなくても法的にきちんと解決できる方法があります。それが債務整理です。債務整理は法的な借金整理方法で、主に4つの方法があります。

1つ目は任意整理です。これは債権者と債務の残額を減らす交渉をすることです。お互いの合意で借金の額を減らすため、相手が応じない場合は行うことができません。

2つ目は特定調停です。これは任意整理と同じで債権者と債務の残額を減らす交渉を行うのですが、任意整理とは異なり間に裁判所が入ります。そのため任意整理よりも当事者同士で決めることができる範囲は狭いです。

3つ目は個人再生です。これは自宅を売却したくない人にとってメリットのある方法で、自宅を手放さずに住宅ローン以外の債務を最大10分の1までに減額することができます。

4つ目は自己破産です。これは債務を完全に免責して再出発を図る方法です。最後の手段と行って良いでしょう。これらの債務整理は手続きが複雑なこともあり、とても本人が行うことは難しいです。そのため弁護士に依頼して解決するのが一般的です。こうした借金整理をしたい方は、まずは近くの弁護士事務所に相談しましょう。