債務整理は弁護士、司法書士に依頼するのが一般的となっています

消費者金融で借金した場合の債務整理は早期解決が重要


借金の督促に怯えてはいませんか??
借金返済に関する問題は債務整理を行う事で解決できます!

消費者金融と債務整理

借金を完済した人の多くは過払い金が発生している

消費者金融からお金を借りていて、返済に困った場合や遅れた場合などに役立つのが債務整理です。債務整理は弁護士に依頼して可能な手続きで、借金の取り立てが止まったり、過払い請求、民事再生、自己破産などが出来る場合があります。

過払いが発生しているかどうかわからない場合にも利用可能で、過払いが発生していて、請求できるのであれば、弁護士に依頼して取り戻すと良いでしょう。どれぐらい取り戻せるかは、どういった返済を行ってきたかによって異なります。

お金を全額返済し終えた人であっても、過払いが発生しているケースがあります。ちなみに過払い請求は個人でも可能ですが、その場合は法律に関しての知識が必要です。そのため一般的には弁護士、あるいは司法書士に依頼して請求してもらいます。

過払いが発生しているかどうかについては、金利に着目して判断することが可能です。元本10万円未満で年20パーセント、10万円以上100万円未満で18パーセント、100万円以上で15パーセント以上の金利で生まれた利息を支払うと過払いとなります。

そしてこのケースで出資法未満の金利のことを、グレーゾーン金利といいます。民事再生では、借りたお金を減額した上で、何年かかけて返済していくことになります。どれぐらい減額できるかは、人によります。自己破産は借金をなかったことに出来る手続きで、事前に弁護士や周囲の人に相談して対応した方が良い傾向にあります。