借金の問題は弁護士、司法書士が解決してくれます

弁護士に相談することで借金尾取り立てが中断される


借金の督促に怯えてはいませんか??
借金返済に関する問題は債務整理を行う事で解決できます!

借金返済に行き詰った時は弁護士に相談すると解決できる

過払い金が発生している可能性がある

借金返済に行き詰まった時に弁護士に相談すると、返済する金額を減らすことができたり払いすぎた利子を返してもらえる可能性があります。これらを債務整理といい任意整理、個人再生、自己破産のいずれかの方法がとられます。

弁護士が債権者と交渉して借金の状態や収入などのバランスを考え、一番良い方法を選択します。任意整理は弁護士がお金を貸した債権者と話し合い、返済金額の圧縮や今後発生する利息などを帳消しにしてもらうことで返済しやすくする方法です。

お金を借りた時法的に違法な高金利で借りていた場合は、払いすぎていた利息を返してもらうことができます。個人再生は任意整理でもお金を返すことができないが自己破産はしたくないという人のためにとられる方法です。

主に住宅ローンが残っている家をもっており、家を手放さないためにとられます。借金を5分の1まで減額してもらい、それを3年程度で返すようにします。自己破産は財産のほとんどを手放す代わりに借金を帳消しにする方法です。20万円以上の価値がある財産や貯金は手放すことになりますが、返済の義務からは解放されます。

自己破産をすると周囲の人や家族にに迷惑をかけたり、就職などに不利になるのではないかと思っている人もいますが、そのようなことはありません。借金の悩みから解放され新たな人生を歩むことができるようになります。弁護士に相談すると借金の取り立ても中断されるので、悩んでいる場合は一度相談してみましょう。